結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新郎スピーチ > 新郎挨拶(あいさつ)

新郎挨拶(あいさつ) 新婦が同級生の場合

冒頭の挨拶(あいさつ)

本日はお休みの所、わざわざお越し下さいまして誠にありがとうございます。

梅雨寒むの1日となってしまい、さぞ気が重かった事と存じます。

私どもにとりましては、一生に一度の晴れ舞台だと心得ておりますので、それに免じて
お許し下さいます様、お願い申し上げます。

謝辞

私、そして隣におります○○(新婦)も、みなさまの深いご友情とご理解につつまれながら、新たなスタートの時を迎えられる事を夢の様に感じており、感激と感謝の気持ちで胸がいっぱいでございます。

抱負・エピソード

私達は○○(高校、大学など)時代の同級生で、交際を始めて今年で○年
たちました。

(※ エピソードを掘り下げるよりも、付き合いの長さを前面に出して抱負とした方が
誰にでも聞ける誠実なスピーチになります。)

一緒にいるのが当たり前で、空気の様な存在と感じておりましたが、今改めて責任の
重さを痛感しています。また、夫婦になって○○(新婦)のどんな新たな一面を知る事が
できるか、とても楽しみでもあります。

今まで積み重ねてきた2人の歴史の上に、新たな夫婦としての私達を重ね、さらなる絆を深め、強くしていけたらと思っております。

結びの言葉

ただ、結婚生活に関しましては、まだ第一歩目を踏み出したばかり、いたらない点も
あるかと存じております。

どうか皆様、これからもご教示、ご鞭撻(べんたつ)をお願い致します。
本日はどうもありがとうございました。

新郎挨拶(あいさつ) ポイント

新婦と同級生だった場合、エピソードが多数あるかと思いますが、あまりにも
聞き手を限定するものは避ける様にして下さい。

例えば、高校、大学時代にあった話題などで終始してしまうと、会社の同僚や
親戚関係の列席者を置き去りにしてしまいます。

▲page top


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。