結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新婦スピーチ > 新婦挨拶(あいさつ)

新婦挨拶(あいさつ) 新婦から両親へ 感謝を伝える

冒頭の言葉

お父さん、お母さん、初詣で買った縁結びのお守りのおかげか、私も晴れてこの日を
迎えることができました。

いつも甘えてばかりいた私が結婚して家庭を作るなんて、想像もつかなかったのでは
ないでしょうか?

エピソード・抱負

子供の頃は大好きな人形やお菓子をおねだりしていた私ですが、それでも
あまり叱られた記憶もなく、本当にわがままいっぱいでした。

でもただ一度だけお店の前で座り込んで駄々をこねた時に、同じ親とは思えない
くらいに厳しく叱られたことがあります。

人様に迷惑をかけるなと、今思えば当たり前のことですね。

(※1 「人様に迷惑をかけない」の他にも、「責任感を持つ」「人には親切に接する」など、両親から教わった事があるはずです。その時のエピソードを含めて、感謝の気持ちが
伝わるようにまとめて下さい。)

子供の頃に買ってもらった絵本は、新居に持っていきます。

その1冊1冊に思い出がつまっていて、どうしても手放せないのです。
部屋がひとつ書庫になってしまうかもしれませんが、一緒に嫁入りしますね。

結びの言葉

これからは○○さん(新郎の名前)と新しい家庭を築きますが、私はいつまでもお父さんとお母さんの子供です。

できればこれからも、時々甘えさせてくださいね。
今日は本当にありがとうございました。

ワンポイントアドバイス

感謝の言葉をたくさん取り入れるよりも、昔の懐かしいエピソードを盛り込んだ方が両親にとって感慨深いものになります。

▲page top


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。