結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新婦スピーチ > 新婦挨拶(あいさつ)

新婦から両親へ 両親に謝りたい場合

冒頭の言葉

どれほど言葉を重ねれば、今の私の気持ちが全て伝わるでしょうか。

今からちょうど1年前に、○○さん(新郎の名前)と私は結婚を決めました。

ふたりで結婚を心に誓い、1年経った今日に式を挙げられ、色々と振り返ることが
できました。

家庭的な式にしたくて、自分たちだけで式の準備を進めてしまってごめんなさい。

エピソード・抱負

○○さん(新郎の名前)のことを「どんな方なの?」と尋ねてくれていたのに、
きちんと紹介したのは、4ヶ月前でしたね。

なんで何も相談してくれなかったの・・・と、お父さんとお母さんが悲しい顔を
したのをはっきり覚えています。

(※1 式までに両親と何らかのトラブルがあった場合、もしくは式直前まで気まずい
要因を引きずっている場合は、手紙を謝罪中心に作ると良いでしょう。
どんなトラブルがあっても、親は子供の幸せを願わずにはいられないものです。
幸せの絶頂である披露宴の席でさえ、両親を気遣う新婦の気持ちは必ず届くものだと
私は思います。)

結婚はふたりのものだからと、お父さん、お母さんのことをまったく考えていなかった
自分を恥ずかしく思います。

改めてごめんなさい。

いつもいちばんに私のことを考えてくれたふたりに、結婚という大事なことを黙っていて
ごめんなさい。

結びの言葉

とまどいながらも祝福してくれたこと、本当にうれしく思います。
きっと幸せになって、必ず恩返ししてみせますので、見守っていてください。

お父さん、お母さん、本当にありがとうね。

ワンポイントアドバイス

謝罪が中心だとしても、しめくくりは前向きな気持ちや抱負を入れるようにして
ください。

両親に対しての謝罪や気遣いばかりでは、両親も申し訳ない気持ちになって
しまうでしょうし、列席者側も困ってしまいます。

▲page top


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。