結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新婦スピーチ > 新婦挨拶(あいさつ)

新婦挨拶(あいさつ) 新郎がアガリ症、口下手

冒頭の言葉

今はただ皆様に対する感謝の気持ちで胸がいっぱいで御座います。
温かい祝福に包まれながら結婚できました事を本当に嬉しく思います。

(※1 新郎が形式通りの挨拶(あいさつ)を済ませていれば、新婦の挨拶(あいさつ)は
例の様に少し崩しても違和感はありません。最も気持ちが伝わりやすいと思う言葉で
挨拶(あいさつ)して下さい。)

謝辞

本当の所を申しますと、私の心の中にはもっとたくさんの言葉が御座います。

それを上手く言葉にする事が出来ないのが自分自身残念でなりません。

これを「筆舌に尽くし難い」と言うのでしょうか?

抱負・エピソード

私はこの様にとても口下手で、皆様には頼りない印象が残ってしまうかも知れませんが、夫の○○さんは先程のスピーチ通り、私に輪をかけた口下手です。

ですが、言葉の印象からは想像できない位、本当はとても頼りがいのある私には
もったいない夫です。

(※2 新郎のフォローと言っても、新郎の失敗を補う為に新婦が上手に話しては、
逆に新郎のミスを際立たせる事になってしまいます。
新婦も同程度まで落とし、その上で最後に立てる言葉でしめくくりましょう。)

結びの言葉

私達はいつもこんな調子ですので、ご心配をかける事もあるかと存じますが、皆様
これからもご指導のほどよろしくお願い致します。

今日は本当にどうもありがとうございました。

ポイント

新郎が話下手な場合は、必ずフォローする為の原稿を用意しておいて下さい。
ちなみに話し方自体は口下手を演出する必要はありません。

内容を感謝の気持ちと新郎のフォローに絞るだけで充分意味のあるスピーチに
なります。

▲page top


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。