結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新婦スピーチ > 新婦挨拶(あいさつ)

新婦挨拶(あいさつ) 新婦から両親へ一般的な家庭

本日はこんなにも大勢の方に祝福されて、○○さん(新郎の名前)と夫婦になることが
できました。本当にみなさん、ありがとうございます。

(※1 書き出しは両親への感謝の言葉、列席者へのお礼を伝えるのが一般的です。)

お父さん、お母さんがこれまで大切に育ててくださり、優しく見守ってくださったおかげで、この日を迎えることができました。

エピソード

お父さんは○○(職業・例:会社員)、お母さんは○○(例:兼業主婦)、そして私。

とても平凡な家庭でしたが、温かく居心地の良いものでした。

そして私が選んだ人は同僚の○○さんで、周りから見れば平凡な職場結婚かも
知れません。。

でも私は、平凡な幸せがどれほど素晴らしく、かけがえのないものかよく知っています。

それはこれまで育ってきた家庭がとても幸せだったからです。

ささいなことでケンカしたこともありますが、すぐに笑って過ごせる素敵な家庭で
した。ありふれていることかもしれませんが、私にとってはどれも比べられない
くらい大切な思い出です。

(※2 手紙の核となるエピソードは、子供の頃の思い出や、家族に感謝したことなど
花嫁として一番伝えたい内容にしましょう。具体的に書くと、列席者にもわかりやすく
気持ちが伝わります。新生活の抱負や両親への希望などを述べましょう。)

どんなに辛い時でも、家に帰れば笑顔で迎えてくれる人がいるという安心感は、
ずっと私の支えでした。

抱負

そして○○さん(新婦の名前)となら、お父さんとお母さんのような、平凡でも温かい
家庭を築いていけると思えたのです。

今日からは○○さん(新婦の名前)とふたりで、多くの思い出を作っていきます。

結びの言葉

今日まで本当にありがとうございました。

ワンポイントアドバイス

ごく一般的な両親への手紙の例です。

新婦から両親へ送る手紙は感動の山場ですから、物足りないと感じたら詳細な
エピソードをつけ加えてみて下さい。

最後に感謝の言葉で締めくくり、「孫を楽しみにしていてほしい」など、新郎の
両親にも言葉をかけるようにするのもいいでしょう。

▲page top


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。