結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 好感の持てるスピーチの仕方

第一印象 好感の持てるスピーチの仕方

話し始める前からすでに列席者は見ています。

マイクの前でしっかりとお辞儀する事が出来れば、印象がよくなりますし、スピーチのプレッシャーを軽くする事ができます。

足を揃えて立つ

背筋をしっかりと伸ばす

手は前に自然に重ねる

マイクの使い方

手持ちマイクの場合―口に対して45度の角度になる様に持つ。

スタンド式の場合―手は横に下げるか、前で組む。後ろに組むのはNG。

スタンド式、手持ちのどちらにも言える事は、必ず口から10cm程度話す事です。

近づけ過ぎると声がこもってしまい、聞き取りづらくなります。

ミスの対処

忌み言葉を使ってしまったり、原稿の読み間違いがあった場合、誤魔化そうとするとさらにミスが目立ってしまいます。

ミスをした、と思ったらすぐに「申し訳ございません」「失礼しました」と一言謝り、すぐにスピーチに戻りましょう。

その方が無理に誤魔化すよりもよほど好感が持てます。


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。