結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新婦スピーチ > 新婦挨拶(あいさつ)

新婦から両親へ 言葉にできない内容

冒頭の言葉

お父さん、お母さん、「今日言わなければ、一生言えないかもしれない。」

そう思ってこの手紙を書きました。

ごめんなさい、なんて直接言えない。
だから手紙に書き始めたものの、思い出があふれ出してきて、楽しいこともたくさんあったのに、なぜか涙が止まらなくて。

(※1 親子の関係は家庭によって様々ですが、「ありがとう」、「ごめんなさい」を言う事がなかなか出来ない人も多いのではないでしょうか?ここではまず、普段は口にできない
言葉を話して下さい。おそらく言葉にしていなくても、両親は娘の気持ちを察していると
思います。ただ、娘の口から本当の気持ちを聞く事を望んでいるのが両親の
本音で はないでしょうか?

どうしてこんなに「ごめんなさい」がいっぱいあるんだろうって、そんなに私は
悪い娘だったかな?と思うくらい泣きました。

エピソード・抱負

色々なことを思い出しました。

初めてお父さんに怒られたとき、ちゃんと謝りたかった。

お母さんにありがとうって伝えたかったことも何度もある。

なのにいつも、そっけないくちの聞き方しかできませんでした。

面と向かうとどうしても照れてしまい、思い通りにいかないことを当り散らしたことも
ありました。昨日、お母さんの周りをうろついていたのは、ちょっと謝ろうと思ったから。

でも「どうしたの?」と聞かれて、やっぱり言えなかった。

最後の最後まで、心配かけてごめんなさい。

そして、本当にありがとう。

結びの言葉

これからもこんな私だから言えないと思うけど、心の中ではいつも思っています。

○○さん(新郎の名前)と頑張っていくから、心配しないで見つめていてくださいね。

ワンポイントアドバイス

言葉にしづらい内容を手紙にする訳ですから、読む時に勇気がいると思います。
しかし、感動の山場には最も効果的な内容とも言えます。

感動は本音なくしては有り得ません。
自分の気持ちに素直になり、誠心誠意、心を込めてゆっくりと読み上げて下さい。


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。