結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新郎スピーチ > 新郎挨拶(あいさつ)

新郎挨拶(あいさつ) 現在の心境・二人のエピソードなど

今の心境を語る際には、前向きで明るいものにしましょう。

「荷が重い」などマイナスな発言は慎みましょう。

素直に幸せな気持ちを述べたほうが、聞いている方々も気持ちよいでしょう。

また、エピソードを語る際には、なるべく簡潔にし、他の方の祝辞などと重ならない
ように心がけましょう。

なるべく身内ネタになるよりは、誰が聞いても分かりやすい内容が好ましいです。

参考例

1.

こうして○○(新婦)と無事に披露宴をし、皆様に温かいお言葉をちょうだいし、
感謝と感激の気持ちでいっぱいです。

2.

このような場に自分が立っていることが、何だか不思議でくすぐったい気持ちです。

3.

○○(新婦)とは職場である○○会社の○○課で出会いました。お互いに
一目ぼれで、すぐに意気投合して付き合い始めましたが、私には最初から
何となく運命の女性ではないかという直感的なものがありました。

4.

○○(新婦)とは学生時代からの友人で、目指すものも似ており、我ながら
良い伴侶を得たと思っております。

5.

○○(新婦)とはこれまで仲むつまじく付き合いを重ねておりましたが、ことこの
結婚に関しては意見がぶつかることも多く、その都度二人で話し合い乗り越えて
きました。今ではより二人の仲が深まるという良い結果をもたらしたと思っております。

6.

○○(新婦)と私は付き合って○年になります。その間、喧嘩をすることもありましたが、
今日という日を迎えられたのも お互いに気持ちを隠さず、率直に意見を
ぶつけ合ってきたことが良かったのだと思っています。

7.

仕事でいつも頑張り過ぎる私を、優しく支えてくれたのはここにいる○○(新婦)です。
私は○○の優しさに触れ、また表には見えませんが、芯のしっかりした彼女の性格に
惹かれました。

8.

○○(新婦)とは幼い頃からの付き合いですが、こうして今隣にいるなんて、当時は
夢にも思いませんでした。自然が豊かな場所で二人とも育ちましたので、いつも山に
登ったり、小川でザリガニや魚を採っておりました。 ご存知の方も多いと思いますが、
男の子にも負けないくらい活発で明るい彼女は、今も私の元気の源になっています。

▲page top


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。