結婚式のスピーチ文例集

ホーム > 新郎スピーチ > 新郎挨拶(あいさつ)

新郎挨拶(あいさつ) 結びの言葉

スピーチ最後の締めの挨拶(あいさつ)となります。

列席者の方々の健康と、ご多幸を願って、というものがオーソドックスです。

または、自分の未熟なスピーチに耳を傾けてくれたお礼など。

参考例

1.

なにぶん晴れやかな席で、想像以上に舞い上がっておりますので、多々
お聞き苦しい点が御座いました事をお許しください。簡単ではありますが、私の
挨拶(あいさつ)とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

2.

わざわざ足をお運びくださった皆様に心からお礼をさせて頂きまして、
私の挨拶(あいさつ)とさせていただきます。本日はありがとうございました。

3.

この場にいらっしゃる皆様の健康とご多幸をお祈りしております。本日はまことに
ありがとうございました。

4.

口下手な私の話に耳を傾けてくださり、ありがとうございました。皆様の健康とご多幸を
願って私の挨拶(あいさつ)とさせていただきます。本日はありがとうございました。

5.

本日は長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。

6.

最後に、皆様にあらためてお礼を申し上げ、私の挨拶(あいさつ)と代えさせて
いただきます。ありがとうございました。

7.

本日は皆様のおかげで、幸せなひとときを過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

8.

最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしまして、私どもの
挨拶(あいさつ)とさせていただきます。本日はまことにありがとうございました。

9.

はなはだ簡単ではありますが、皆様のご健康と幸せを心よりお祈りし、
私たちの挨拶(あいさつ)といたします。本日はまことにありがとうございました。

▲page top


結婚式スピーチ文例集




HOME - 結婚式スピーチの基本 - スピーチの注意点 - 好感のもてるスピーチの仕方 - スピーチの具体的な流れ - 運営者情報


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。